きざきまち幼稚園へようこそ
 
どの様に時代が変化しようとも人間の本質そのものは変わりません。
いえ、変わってはいけないのです。
人間となる根っこを私たちは太く大きくしっかりと育てます。
 
 
 
 
きざきまち幼稚園からのお知らせ
 

十五夜のお団子つくったよ

2013-09-24
やわらかいね!
出来上がったお団子、すごーい!
真剣な表情とこの手つき、すごーい!!
 9月中秋の名月の日、年中さんがお団子づくりに挑戦、上新粉をこねてまとめるまでは先生たちが。こねあがった上新粉に触ったり、においを嗅いだりしてお団子づくりに興味津々。
 泥団子づくりの経験があるので丸めるのは慣れていますが何しろ本もののお団子です。先生方のお話をよく聞いて真剣に丸めていました。そしてみんなで作った十五夜飾りが出来上がりました。きっとお月様も喜んでくれたでしょうね。そのあとはみたらし団子を全園児が給食の時いただきました。年中さん、お味は格別だったでしょうね。
 今年の十五夜は満月と重なったそうで本当にまん丸で美しいお月様でした。同じ条件になるのは8年後とか。四季の移ろいの中でその時々の自然をめでる日本人の細やかな感性、大切に大切に続いていって欲しいです。
 

人気絵本「とりかえちゃんの作者がやってきた!!

2013-09-11
 2学期が始まった9/9日、子ども達に大人気の絵本「とりかえちゃん」の作家、加藤志異先生とミュウジシヤンの川畑智史先生が当園にやってきました。各地で読み聞かせ活動をおこなっている2人ですが、うさぎ組のみちこ先生が仲立ちをしてくれて今回の公演となりました。お話パレットのメンバーが積極的にお手伝い、会場の雰囲気づくりや司会などを担当、保護者の大きな応援で通常とは違う「読み聞かせ」を楽しみました。
 大きなブータン(パレットの皆さんが作りました)が入口にたって迎えてくれているのですがそれを見た年中女児が「みんなー大変だよ、絵本の中からブータンが飛び出てきたよー!!」と真剣な顔でさけんでいたと伝えてくれたパレットの方、「こどもって本当に純粋なんですね…」と。こども達の反応?もちろんお話の世界に入り込み十二分に楽しんでいましたよ。そして、読み聞かせを盛り上げてくれたミュウジシャンとのコラボを保護者も一緒に楽しんでいただきました。
 公演後の販売を兼ねたサイン会、なんと絵本が100冊近く売れてとのことでした。

木崎音頭を練習したよ

2013-07-17
 7月9日 それは暑い暑い日でした。その暑さにも負けず、年長児、そしてお母さまたちも参加して大きなお屋根の下で、木崎音頭を練習しました。木崎音頭はこの地域の伝統的な踊りで八木節の元祖ともいわれています。昔は木崎小学校の校庭で老いも若きも参加して楽しまれた盆踊りでした。
 8月3日(土)に行われる納涼祭でみんなで踊ります。木崎音頭保存会から、小倉さん、赤澤さんが踊りの指導に来てくれました。赤澤さんは園児のおばあちゃんで、小倉さんは小倉百貨店の方です。お二人の指導の下30分ほど練習を行いました。お囃子も本部役員さんをはじめとして生で演奏ができるよう練習をしています。3日の納涼祭が楽しみです。ご家族みんなで踊りが楽しめるとうれしいですね。