本文へ移動

平成31年度園児募集がはじまりました

平成31年度園児募集について 9月3日(月)より来年度の入園の受け付けがはじまります。なお、入園希望者が定員を超える場合は、①兄弟利用の方、②子育て支援利用の方を優先的に入園の受付をさせていただきます。その他の方につきましては、抽選にて入園の受入れをさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
きざきまち幼稚園へようこそ
 
どの様に時代が変化しようとも人間の本質そのものは変わりません。
いえ、変わってはいけないのです。
人間となる根っこを私たちは太く大きくしっかりと育てます。
 
 
 
 
きざきまち幼稚園からのお知らせ

今月の子育て支援…日程の変更がありますのでご注意ください

いちごくらぶ
10月10日(水)、10月22日(月)
ふたばくらぶ 10月16日(火)、10月23日(火)
にこにこくらぶ
10月17日(水)
RSS(別ウィンドウで開きます) 

七夕

2018-07-06
みんなの笹飾り
自分で書いた願い事
みんなでたくさん飾りを作りました。
お星さまや天の川をイメージした七夕メニュー
みんなでいただきます。
七夕の記念撮影をしました。
前日にみんなで飾りつけた笹飾りが風にゆれていました。
四角つなぎ、わつなぎ、貝がらつなぎ、星型やハート型。のりを使ったり、はさみを使ったり、年齢ごとに製作に取り組み、作りためた飾りが大きな笹にたくさんさがりました。小さい子は、お家の人と一緒に書いた短冊、年長児の、自分達で作った染め紙の短冊の色合いもとてもきれいです。
 
この日は、給食のメニューも七夕にちなんだものでした。天の川をイメージしたそうめんにお星様の形のにんじん。星のポテトにいろとりどりの夏野菜が入ったかきあげ。透明感が涼しげなゼリー。行事食として、アレルギーのある子もみんなと同じものを食べられる献立を、給食室で考えてくれました。みんなそろって、おいしくいただきました。
 
それぞれの願い事が、空に届きますように。

防火訓練

2018-06-25
園長先生と副園長先生が消火訓練をしてみせてくれました
年長さんは花火の遊び方を教えてもらいました
本物の消防車を近くで見学しました
年長さんは消防服を着て記念撮影
ホースを実際に触らせてもらいました
消防士さんがいろいろ教えてくれます
 総合防火訓練が行われました。
 はじめに、火災時の避難訓練です。非常ベルのあと、放送と先生の話をよくきいて、全園児が園庭へ落ち着いて避難することができました。これまで繰り返し続けてきた訓練が生きています。
 
 そのあとは、消防士さんの指導により、消火訓練と、花火指導がありました。職員が、順番に消火器の使い方の練習をします。園長先生が、「火事だー!!」と大きな声で叫んだ場面は、こどもたちの印象に残ったようでした。火が消えると「やったー!」と拍手が起こりました。
花火指導では、消防士さんから説明を受けた後、年長さんは実際に一人ずつ、消防士さんに見守られながら本物の花火で体験しました。他の学年の子も、興味を持って年長児の様子をよく見ていました。「来年はみんながやろうね」「やりたい!」と、年中児も意欲を見せていました。
 また、消防車、救急車を見学させてもらい、「これはなんですか?」と質問もできました。「これはホースだよ、ここから水が出て火を消すよ」と消防士さんから教えていただき、消防車の大切な役目を知ることができました。ホースを持たせてもらったり、消防服を着せてもらったり、貴重な体験をしました。
 
 日頃から火災予防について知ること、非常時のための訓練を行うことは、とても大切です。消防士さんによる丁寧な指導と本物の消防車の迫力は、園児それぞれの意識に刻まれたことと思います。実際の場面で慌てないよう、園での訓練は今後も繰り返し行っていきます。
 

カレーパーティー

2018-06-22
にんじん2本ください、などとしっかりと言葉で伝えてお買い物。
切り終わるとふう~っと一息、真剣さが伝わってきます
小さい子も食べやすいように細かく切ろう!
おいしい~!おかわりする子もたくさん!
園長先生と大徳先生が大きなお鍋で煮込んでくれます
おいしかったです!とお礼に来てくれた年中さん、誇らしく大満足の年長さん
 楽しみにしていたカレーパーティー!!年長さんは朝から大忙しで野菜を切っていました。エプロン姿で頑張っている年長さんの姿に、憧れのまなざしを向ける、年中さん。「年長さん、よろしくお願いします!」と声をかけると、「まかせてください!」「楽しみにしていてくださいね」と頼もしい声が返ってきました。
 
 年長さんは、前日のお買い物ごっこで、オノザト商店へ野菜を買いに行き、料理への導入となりました。当日はエプロンをつけて包丁を持って、みんな真剣に取りくみました。幼稚園みんなの文の野菜を年長だけで切ったことに、ほこらしさを感じたようです。出来上がったカレーはほんとうにおいしくて、「ママやパパに食べさせたい!」「食べきっちゃうのがもったいない」などの言葉が出ます。「先生おいしい?」「年少さんたち、おいしいって言ってた?」と、みんなの反応を気にかける様子も。“みんなのために”心をこめて頑張ってくれたのですね。また、年少児も、カレーの中にたくさんのにんじんやじゃがいもが入っているのを見て、年長児が切ってくれていた姿とつながったようでした。「おいしい!」「年長さんがつくってくれた」と、喜んでたくさん食べました。
 
 カレーを食べた年中さん、年少さんが、年長の部屋までお礼を言いに来てくれました。おいしかった!いっぱい食べた!ありがとう!と感謝され、ほこらしげな表情の年長さんたちでした。
TOPへ戻る