本文へ移動
きざきまち幼稚園へようこそ
 
どの様に時代が変化しようとも人間の本質そのものは変わりません。
いえ、変わってはいけないのです。
人間となる根っこを私たちは太く大きくしっかりと育てます。
 
 
 
 
きざきまち幼稚園からのお知らせ
RSS(別ウィンドウで開きます) 

新田子どもの安全を守る会開催

2012-11-14
本当の横断歩道を渡っています。みんなも見ています。
真剣に聞き入っています。さすが年長児です。
 晴れ渡った空に赤城山がその勇姿を見せる中、新田教習所内で木崎・生品・綿打地区の幼稚園・保育園6園が合同で交通安全について学びました。5ヶ月後には小学一年生になる年長さん達、前回は幼稚園で交通安全についての勉強を行いましたが今回は実地訓練です。ダミーを使っての飛び出しによる事故の様子を見たり実際に横断歩道を渡ったりしました。室内では標識の見方やその決まりについて係の方から教えていただいたりと皆真剣に聞き入っていました。3学期に再度親子での交通安全教室が開催されますが、正しいルールを身に付け自分の命は自分で守っていくということを知って行動しなければなりません。保護者の方も大人の行動そのままがお手本となることを自覚して交通ルールを実行して欲しいと思います。

まー先生とあそぼ

2012-11-08
 10月末日、昨年に引き続き「まー先生」事菊池正隆先生の親子触れ合い遊びが開催されました。20名ぐらいの1才から2歳児クラスの親子が集まりイケメンのまー先生のトークとふれあい遊びを楽しみました。
 こちょこちょ遊びやお母さんがお馬さんになったりして小さな子ども達は大喜びでした。

歯磨き指導を受けました。

2012-11-08
山香先生からのお話を聞いています
磨き残しはもう無いかなぁ。真剣な表情です。
 ぞうさん組、年少児年中児は2回目の歯科検診。年長児は「歯の磨き方・虫歯予防について」のお話を歯科医の山鹿先生からご指導いただきました。
 染め出し粉(カラーテスター)を口に含みよくかんで歯を染めます。そのあとで鏡を見て濃いピンクに染まった歯は磨き残しということを知り、持ってきた歯ブラシで鏡を見ながら磨いていきます。歯と歯の間や少しへこんでいる歯などに磨き残しが多かったようです。これから生えてくる「6才臼歯」を大事にして欲しい事や「仕上げ磨き」の大切さを話されました。先生のお話によると小学生の間ぐらいは仕上げ磨きをして欲しいとのこと。低学年の内は比較的虫歯が少ないけれど高学年になるほど歯の汚れや虫歯も増えるとの事でした。
虫歯予防にはおやつは一日一回、歯磨きは丁寧に、フッ素入りの歯磨き粉を使って欲しいとのことでした。
TOPへ戻る