本文へ移動
きざきまち幼稚園へようこそ
 
どの様に時代が変化しようとも人間の本質そのものは変わりません。
いえ、変わってはいけないのです。
人間となる根っこを私たちは太く大きくしっかりと育てます。
 
 
 
きざきまち幼稚園からのお知らせ
RSS(別ウィンドウで開きます) 

年長さん、電車に乗って遠足です。

2014-09-25
電車の中で
土手すべり、慎重に挑戦です
ママの気合の入ったお弁当、おいしいね!
 さわやかに晴れ上がった遠足日和に恵まれ、恒例の電車遠足に行ってきました。木崎駅~足利まで電車に乗ります。生まれて初めて電車に乗る園児が12名いました。質問!「電車はなんの力でうごきますか?」「石!・線路!」の答えが返ってきて「ううーん……」すかさず木部先生が「電気で動くから電車といいます」こんな会話が電車が来る前にかわされました。
 駅から歩く事20分ぐらい、目的の河川敷につきました。伝説の「カッパ」は橋の上からお皿が見えたという子がいて大騒ぎ。
 土手すべりは芝がきれいに駆られていてあまり滑らず、土手転がりやバッタとり、クローバー摘みで遊びました。

年長、頑張っています!

2014-09-25
対角線上のダンスです
バルーンを持って歩きます
きれいに開いたバルーンです
 さわやかな季節の到来です。運動会の練習にも熱が入ります。全体練習も2回ほど行いました。ぞうさん組、年少さん、年中さん、年長さんと学年の違いを感じさせる動きが展開します。
 年長児はあこがれのバルーンダンスに取り組んでいます。この画像はまだ練習が始まって間もないころですが、年中さんのころ、憧れのまなざしで見ていたバルーンですから意欲が高まります。保護者の皆様、お子さん方の活躍、お楽しみにお待ちくださいね。

十五夜のお団子作ったよ!

2014-09-09
よーく見てね!
男児も真剣です。
私の上手でしょ!
 38年ぶりの9月初めの中秋の名月が昨夕遅くおぼろ月夜となって初秋の風情を楽しませてくれました。園庭に早々と実った栗を歓声を上げながら拾い、お供えに。年中児はお月見団子作りに挑戦しました。丸めるのは泥団子や粘土で慣れていますが上新粉で本物のお団子を作るのですから先生のお話もよーく聞いていて少し緊張しながらも楽しんで丸めていました。
 お供え用以外のお団子は給食スタッフが「みたらし団子」にしてくれて昼食の時いただきました。
今夜は晴れて満月が見られるとか。四季折々移りゆく季節の風情をご家族でお楽しみ下さい。
 
 

ぞうさん組、お外で元気です!

2014-02-07
お友だちー待ってるよー
まてまてーつかまえちゃうぞー!
砂遊びたのしいねぇ
 満三歳児クラスぞうさん組は5月、1名からスタート。現在は12名の子どもたちが「ゆったり、ゆったり」過ごしています。発表会も大舞台で動じることなく観客を沸かせ、日々の行事にも参加でき、最近は言葉の発達がそれぞれ著しく言葉を交わしながら遊ぶことを楽しんでいます。
 園庭で大きい組の子どもたちがお部屋に入ったころから外遊びが始まります。寒さもへっちゃら、元気に先生やともだちとの遊びを楽しんでいます。

給食参観しました

2014-02-07
わが子の様子を見守ります。
全体の風景です。
ママ友と話が弾みます
 今年度最後の保育参観が始まり、2日目の年少さんは「給食参観」ということで親子で登園自慢の給食をいただきました。「野菜が食べられるなんて信じられない…」「本当にお変わりしているのかしら?」実際にわが子が給食を食べる様子を見るまでは担任の話がそのまま受け入れにくかったけれど一緒に食事をしたことで納得されたようです。
 食事は栄養面やバランスだけではなく食事をする時の「マナーの大切さ」「残したときは」「食器の片付け方は」などにも触れながら他のママたちとの会話も楽しくおいしい時間を過ごすことができたようです。一番最初の「おかわり!」はママからでした。
TOPへ戻る