本文へ移動
きざきまち幼稚園へようこそ
 
どの様に時代が変化しようとも人間の本質そのものは変わりません。
いえ、変わってはいけないのです。
人間となる根っこを私たちは太く大きくしっかりと育てます。
 
 
 
きざきまち幼稚園からのお知らせ
RSS(別ウィンドウで開きます) 

バザー大盛況!楽しかったよ!

2015-07-09
日用品を品定め中
手作り品、どれにしようかなぁ?
ゼリー掬いはつい夢中に。
 5日(日)心配されたお天気も役員さんたちの篤い想いに天が味方しました。大勢のお客様で広い園庭はひと・ひと・ひとでぶつかり合うほどでした。
 くじ引コーナーは開店を待って長蛇の列。わが子を思う保護者の心に脱帽です。
ヤキソバ・フランク・チュロス・わたあめ・飲み物・今年初めての鈴カステラのお店が並びました。
 恒例の学童コーナーは「まとあて」とボーリングが大人気でした。
 けがや事故もなく無事終了。金子会長さんはじめ役員の皆様お疲れ様でした。そして楽しいひと時を有り難うございました。

年長親子が涅槃会に参加しました

2015-02-12
おばあちゃんと一緒にお焼香です
涅槃図の前でお参りです
大徳先生のお話を聴いています
 今月15日はお釈迦様がお亡くなりになった日で、寺ではお釈迦様のご遺徳をたたえ「涅槃会」を修行致します。朝から園では年長児が果物を持ち寄り仏前に供え保護者と共にご本堂に入り、お参りをしました。そのあと大徳先生から「合掌」の意味を教えて頂くとともに「いのち」の大切さを食事の事例から学びました。
 昨今、毎日のように殺人事件が報道される中、命の大切さを教えていくのは集団の場だけでなくご家庭での教えが大切であることを伝えました。冊子「ほとけの子」も今月号は「涅槃会」が特集されています。幼い時から折に触れ「いのち」の大切さを知っていってほしいですね。
 

4/1から幼保連携型きざきまち幼稚園としてスタート!!

2015-02-04
      幼稚園創設、以来61年を迎えるきざきまち幼稚園は4月1日より新制度における
      「幼保連携型きざきまち幼稚園」として新たなスタートを切ります。
 十分なご案内の提供はまだ少し時間が必要となります。大きく変わる点は
  1、保育料は太田市が市民税額により決めます。太田市内の園はすべて同じです。
  2、2歳児からお預かりします。
  3、保育所と同じ機能を持っています。
  4、保育内容は現状となんら変わりはありません。
  5、当園をご利用希望の方は太田市子ども課で認定を受けて頂きます。
   (園または太田市子ども課にお問い合わせください)
  6、保育時間は7:30~18:30です。(働いている方等)
  7、働いているご家庭もそうでないご家庭のお子様たちが一緒に過ごせる園となります。
        *詳しくは園にお問い合わせください。
 

母と子のお楽しみ会、全部よかったー!

2015-01-30
真っ赤なステージ衣装に魅せられました
あっと驚かされた紙吹雪です
園児のすぐ近くまで来ての演奏です
 1月最終日恒例の母の会行事「母と子のお楽しみ会」がホールで開催されました。
フランス語で空、という意味の「シエル」という演奏者、バイオリンとピアノ・キーボードで本当に楽しい時間があっという間に過ぎました。子どもの気持ちがよくわかる方たちで最初に「ぎゅ」と子どもたちの心をつかんでしまいました。後は奏者と子どものこころがひとつになり、想像以上の盛り上がり。「アナと雪の女王」の演奏が始まるやいなや子ども達はいっせいに歌い始め(結構難しいですよね)ホールは一つの渦になりました。
 年中児の感想、「結婚したい!」「一緒に住みたい!」「全部よかったー!」
 年長児は「楽しかった…すごかった…バイオリンが上手!ピアノ、も上手!!」憧れのまなざしでやや興奮冷めやらずという雰囲気でした。

焼き芋つくったよ!

2015-01-30
切って包んで準備完了!
園長先生、がんばってね!
焼き芋ごっこが始まりました
寒い寒い日のことでした。今にも振り出しそうで、空気は冷たく園は冷蔵庫に入ってしまったような日でした。園長先生の「焼き芋やるぞ!」の声に先生たちから子どもたちまで大忙し。大きな枝を運んだり(年長児の働きは見事でした!!)集めておいた枯葉の袋を運んだり、サツマイモを切ってあるみほいるのつつんだりと。燃えている日の中に枯葉がいっぱいついている枝を投げ込んだとき、一気に枯葉が燃えだし、パチパチと音を立て真っ赤な炎が天にも届きそうな勢いに子どもたちは思わず後ずさりしました。
燃える火の勢いに圧倒されました。「いい匂い……」年中児が言いました。「くさい」の声ではなはなかったことに驚きです。
 出来上がった焼き芋は思い思いの場所で頂きました。「おいしかったーおかわり!!」の声がいっぱい響きました。
TOPへ戻る